FC2ブログ

イベント参加時の施設損傷についてのお知らせ。


2015年より始めました共済システムですが、ブリーフィングでも時々お知らせ致しましたが大幅な債務超過?になっています。

本来、共済はアクシデントにより施設を破損した場合の大きな負担により参加が出来なることを少なくする為のシステムで、2018年まではアクシデントも少なく順調に機能していましたが、2019年からの2年間で大幅に施設損傷のアクシデントが増加してしまいました。
昨年度よりガードレールの補修、修理代に付きましては自己負担して頂いていますが本題は『アクシデントの増加』です。

特に私達の懸念はガードレール破損の場合施設の補修ではなく、誰でも気軽に参加出来るように手軽な軽自動車で通常のレースに必要な安全装備が無くても参加して頂ける規則にしているのはアクシデントがない事を前提に開催しているからです。

『アクシデントを起こさない』事を前提とした規則で開催をしていますから本来なら施設損傷は無いはずです。


もし、レースだから仕方がないのでは?と考えられる方もいらっしゃるでしょうが私達のイベントはその言葉は「最後の言葉です」先ずは1日を楽しい思い出にするには完走する事でしょう、その為の行動をチーム全員で確認し合いなが行うようにお願い致します。

ちなみにガードレール破損の場合15〜25万、クラッシュパットは3〜4万になりガードレールを破損した場合は合計で2021年は間違いなく全額負担となりその後の参加に支障をきたしてしまうと思います。


くれぐれもそのようなことがないように今一度チーム内でしっかりミーティングをお願い致します。
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
リンク
QRコード
QR